『たましいの小鳥』について

世界的スピリチュアル・リーダーが贈る、大人たちへのメッセージ

この物語『たましいの小鳥』には、人生を愛おしむヒントが、ごくやさしい言葉と絵でまとめられています。
だれにでも生まれながらに一羽の小鳥がこころの中に棲んでいる、というところから話は始まります。うれしい時はともに喜び、悲しみにくれる時は小鳥はいつも、あなたを力づけようと美しい声で歌いかけてくれます。
あわただしい毎日の中で心が疲れ、自分が何をしたいのか、何が幸せなのかわからなくなったら……。
たましいの小鳥の声に耳を澄ますとき、主人公とともに心の旅が始まります。

『たましいの小鳥』 動画


主人公のジェイと、たましいの小鳥(ホープ)の心あたたまる物語

たましいの小鳥 TOP
『たましいの小鳥』著者の紹介

【文】一指 李承憲(イルチ イ・スンホン)

世界的な瞑想家であり、脳教育者。世界的なベストセラー作家でもある。脳教育と脳哲学を通じて人間の脳の潜在力を引き出し、 あらゆる生命が調和をなす中で個々人が自らの人生を花開かせられるよう貢献してきた。現在、国際脳教育総合大学院大学学長、 国連諮問機構である韓国脳科学研究院院長、国際脳教育協会会長を務める。

ホームページ:http://www.ilchi.jp

 

たましいの小鳥 TOP

【絵】ハン・ジス

大学で応用美術を先行し、広告イラストレーターとアニメーターを経て、フリーの画家として活躍中。2011年に京仁美術館にて「幸福な絵の世界展」を開催、作画担当本として活躍中。教科書、社報、単行本の絵も担当し、地球という星のあらゆる生命が幸せになる、明るい世界を夢見る思いを作画に込めている。

たましいの小鳥 TOP
きっと大丈夫セミナー、Bird of the Soulエッセンシャルオイル各セミナー開催日程
エッセンシャルオイル
たましいの小鳥 絵本
たましいの小鳥 AMAZONリンク
ILCHI.JP
HSP WORLD